mig.jpg 
 左がエリック・ハリス        右がディラン・クレボルド 

コロンバイン高校銃乱射事件とはアメリカのコロラド州、ジェファーソン郡コロンバインの
コロンバイン高校で1999年4月20日に発生した事件だ。

この事件で12名の生徒、1名の教師が射殺され、24名が重軽傷を負った。
犯人の二人、エリックとディラン は【トレンチコートマフィア】と自称し、生徒、教師に乱射 
その後 警察官との銃撃戦を終え、自殺した。

動機

エリックとディランがこのような事件を起こした動機は一般的に、学校内での不満、スクールカーストで
最下位の彼らはスクールカースト上位のスポーツマン達からからかわれたり、いじめられたというのだ。

しかし、実際に犯行を見るとスポーツマン達はあまり被害にあっていない
そもそも彼らに恨みがあるのなら、グラウンド内で射殺した方が恨みがはらせるだろう。

専門家の意見では 犯人の二人は自殺願望があり、出来るだけ多くの人を巻き込もうとしていた
という意見もある。
エリックとディランは銃の他にもカフェテリアと駐車場の車に爆弾を仕掛けていたのだが、不発に終わった、
駐車場の爆弾は集まった報道陣に向けてのモノだと予想される。

不満をぶつける動画 試し打ち
 
 

動画の内容はイジメに対しての不満を言ったり、こんどオレに触ったらぶっ殺す!
などの脅迫が主な内容だ。

他には 銃の試し打ち。

この動画では既に黒いトレンチコートを着ている、犯行時も同じ服装だ。 











殺されなかった人


犯行の前にすれ違った友達へ 【高校の中に入らない方がいいよ!】と彼らは警告した、
その後 高校内入り口にて 女子達が何かのコスチュームだと思い犯人の二人と写真を撮っている。
他にも同じカーストの人間は見逃すという奇妙な行動をしている。

犯行 
閲覧注意動画!!!

音声は教師が警察へ連絡した時のモノ。

彼らがなんのためにこのような狂気に走ったのかは、自殺してしまったのでわからないが
簡単に銃を入手出来たという事実も問題だと思う。