sei46122734-6d78-e1546866397245 

人気番組 アメリカゴッズタレント

オリジナルのイギリスTV番組ブリティッシュゴッズタレント
では日本でも話題になったスーザンボイル、ポールポッツなどを輩出した
人気オーディション番組。

アメリカ版でも有名シンガーを多数輩出している。
その人気番組は海外ではフェイク、つまりヤラセだと言われている。

最近では日本人の芸人ゆりやんレトリバーが出演して
ニュースになったりしている。

【個人的にゆりやんのいつものネタは好きだが、今回のオーディションで披露した
ダンスは面白くないと思った。英語の能力は上手い、サイモンをいじったジョークも
面白かった。ただダンスは面白くなかった....たぶん日本人だから裸芸に何の新しさも
感じなかったからだろうか?】

ゆりやん出演動画
 




Tim Poe ティム・ポー 
ダウンロード (3) 

ティム・ポー

アメリカ軍、元軍曹のティムはアフガニスタンにいた時に
グレネードによって負傷し、吃音になってしまった。

吃音を治すために歌を練習、満を持してオーディションに参加。
彼の歌声と悲しいストーリーに観客、審査委員は心を打たれた。

だが後に彼のストーリーが嘘だった事が発覚。

実際、彼はアフガニスタンにいたが たった1か月で
グレネードによる負傷者の記録はなし。

ダウンロード (4)

さらには軍自体の写真もフェイクで
この写真に写る人物はティムではないことがわかった。

他にも軍時代にできた傷もフェイクである事がわかり、
ニュースになった。

ゴッズタレント側のプロデューサーは
【出演者のバックグラウンドはトップ48人しか調べてない】
とコメントした。



Cas Haley キャス・ヘイリー による内部事情
75-og 

シーズン2出演者のキャス・ヘイリーによると
若い女の出演者にカメラの前で泣くようにプロデューサーに操作されていたという。

出演者の女の子が舞台に行っている間、
待合室でプロデューサーが
【彼女は合格した!】とみんなに伝え
女の子が戻ってくると、みんな拍手して合格を祝ったが
女の子は泣き崩れてしまった。

本当は合格していなかったのだが、プロデューサーは
意図的に合格したと言って彼女を祝福させ。
彼女を泣かせようとしたのだ。


Inside AGT

51nrlq+Us2L._SX348_BO1,204,203,200_ (1) 

アメリカゴッズタレントの内部事情を書く本
Inside AGTによると

出演者が何をするか、どこまで進めるか
それらを最後に決めるのはテレビ番組だという。



YouTubeで活躍するスェーデン人アーティスト ロミー
  

ロミー曰く、ずっとオーディション番組に出ないかと誘われているらしい。
彼は時間がないから と断ると

【だったら最初のステージだけ出て、落とすから!出てくれない?】

と言われた。

それ以来 彼はそのオーディション番組が嫌い


ヤラセはヤラセ


他にもアメリカゴッズタレント、ゴッズタレントがフェイクだという理由は
探せばいっぱいある。
演出だと言えばそう言えなくもないが、結局ヤラセなのは変わらない。

よくテレビでヤラセ問題が起きると
演出として誤魔化されるが、それが演出だという事は見ている人はわからない。
ちゃんと演出なら、大々的に演出だとわからせるべきだと思う。

そりゃ 嘘を使えば面白い番組なんて出来るに決まってる。

嘘が一切なしでリアルで面白いモノだから価値があるわけで、
演出と言って 嘘を付いて面白い番組を作っても価値はないと私は思う。

確かに才能ある人がこの番組から出てきているし、それで有名になったり
しているのは事実だし、本当にタレントがあると思うけども。
ヤラセをするのは反則だし、そのせいで本当に才能がある人もヤラセで
勝ち上がったんじゃないか?と疑問に思ってしまう部分もある。